プラス1ねた

普段の日常にプラス1ネタ!

吉田ユニ(AD)の経歴や結婚は?パクリ疑惑はホント?wiki風にプロフィールを紹介!

f:id:sinberu:20170427235900p:plain

2017年4月30日(日)に放送されるMBS・TBS系ドキュメンタリー番組『情熱大陸』は、「“可愛さ”の中に“毒”をひとさじ…世界を魅了するトップアートディレクターのアタマの中に密着!」というテーマとなっております。

 

今回、密着されるトップアートディレクターとは、吉田ユニさんです。

 

吉田ユニさんの作品は、1度見たら、忘れられないインパクトのある作品が多く、そのため、吉田ユニさんには、多くの人気アーティストをはじめ、色々なところからオファーが絶えない状態になっているようです。

 

そこで、この記事では、吉田ユニさんについて、

 

吉田ユニのプロフィール

 

吉田ユニの経歴や実績は?

 

パクリ疑惑はホント?

 

の話題をご紹介します。

 

 


スポンサードリンク
 

 

吉田ユニのプロフィール

 

 

f:id:sinberu:20170427235923p:plain

出典:http://www.cinra.net/news/gallery/34088/7

 

吉田ユニさんは、1980年10月2日生まれの現在36歳で、東京都出身、女子美術大学附属中学校・高等学校を卒業後、女子美術大学芸術学部デザイン科造形計画専攻に進学し、卒業している、グラフィックデザイナー、アートディレクターです。

 

「吉田ユニ」という名前は、本名ではないそうですが、本名は公開していません。

 

吉田ユニさんは、もともと、モノ作りや絵を描くのが好きで、小学生の頃から「デザイナーになりたい」と思っていたらしく、小学校の卒業アルバムには、その記述があるそうです。

 

美術大学附属の中学校に進学しただけあって、中学・高校時代は油絵をやっていたそうです。

 

吉田ユニさんが、現在のグラフィックデザイナー、アートディレクターとなる道を選んだきっかけとなったのは、女子美術大学の芸術学部デザイン科へ進学したことでした。

 

大学で、広告についてのデザインを学ぶようになって、さまざまなアートディレクターの広告デザインなどの作品に触れるようになり、吉田ユニさんはアートディレクターの道を志すようになったようです。

 

現在は、売れっ子のアートディレクターとして大活躍している吉田ユニさんですが、現在36歳で、結婚して、子供がいてもおかしくないですよね。

 

調べてみたのですが、どうやら、結婚はしていないようです。

 

アートディレクターの仕事が楽しくて仕方がないのではないでしょうか。

 

ただ、吉田ユニさんは、キレイな方ですから、彼氏はいるかもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

吉田ユニの経歴や実績は?

 

f:id:sinberu:20170427235941p:plain

 

出典:http://www.cinemacafe.net/article/2016/07/01/41658.html

 

アートディレクターの中でも、一番好きだったという大貫卓也さんの下で働きたいと思った吉田ユニさんは、大学卒業後、大貫卓也さんが代表を務める「大貫デザイン」に入社します。

 

大貫卓也さんは、当時から有名なアートディレクターで、1993年に博報堂を退社して独立し、「大貫デザイン」を立ち上げており、現在、多摩美術大学教授を務めています。

 

「大貫デザイン」に入社してから、吉田ユニさんは新人で、唯一の女性だったということもあり、相当な激務で、大変だったそうですが、大貫卓也さんを始め、先輩たちを見て、多くのことを学んだそうです。

 

しかし、吉田ユニさんが「大貫デザイン」で働いていたのは、約3年ほどで、その後、アートディレクター・野田凪さんの誘いで、野田凪さん主宰の「宇宙カントリー」に移籍します。

 

野田凪さんは、女子美術大学の先輩で、大貫デザインにいたこともあるアートディレクターで、吉田ユニさんは、大学時代に野田凪さんの下で、アルバイトをしたことがあることから、知り合いだったのだそうです。

 

しかし、野田凪さんは、2008年に、不慮の事故により、34歳の若さで急逝しています。

 

吉田ユニさんは「宇宙カントリー」に移ってからは、野田凪さんに相当頼りにされていたらしく、アートディレクターとして、初の広告を手掛けたのも、この頃だったそうです。

 

ちなみに、その広告とは、「b+ab」という香港のアパレルブランドだったそうです。

 

初めてアートディレクターとして、作品を完成させることができたことが、自信に繋がったようで、2007年に独立しています。

 

独立後は、広告デザインを手掛けるほか、CDジャケットやMV、本の装丁など、その活動は多岐に渡っています。

 

吉田ユニさんの主な実績は、渡辺直美展や、最新のものでは、2017年4月から放送されているフジテレビ系ドラマ『人は見た目が100パーセント』のポスターなどを手掛けています。

 

CDジャケットについては、多くの有名アーティストの作品を生み出しており、木村カエラさん、中川翔子さん、AKB48、Charaさん、星野源さん、Perfumeなど、その顔ぶれは、今をときめくアーティストばかりであり、かなり多くのオファーがあるようです。

 

 

パクリ疑惑はホント?

 

 

f:id:sinberu:20170428000001p:plain

出典:http://ameblo.jp/iwamoto41/entry-12107914563.html

 

アートディレクターとして、飛ぶ鳥を落とす勢いの吉田ユニさんですが、一部でパクリ疑惑が囁かれているようです。

 

そこで、調べてみたのですが、ごくごく一部の人が言っているだけで、具体的なパクリ作品というものはないようです。

 

そもそも、広告デザインなどは、往々にして、似たようなデザインが生まれることがありますが、吉田ユニさんの作品は、唯一無二のもので、パクリ疑惑自体がガセネタであると思います。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では、吉田ユニさんの

 

吉田ユニのプロフィール

 

吉田ユニの経歴や実績は?

 

パクリ疑惑はホント?

 

についての話題をご紹介しました。

 

吉田ユニさんの名前は知らなくても、吉田ユニさんの作品を目にしたことがある人は多いと思います。

 

実際に吉田ユニさんの作品を見ると、その発想力に驚かされます。

 

そんな吉田ユニさんは、おそらく、これからの日本のアートディレクターの世界を引っ張っていく存在になるのではないかと思われます。

 

吉田ユニさんの今後更なるご活躍を期待しています。

 

 

 

スポンサードリンク