プラス1ねた

普段の日常にプラス1ネタ!

山木利満(小田急電鉄会長)の経歴や年収は?家族や結婚は?Wiki風プロフィールを紹介!

f:id:sinberu:20170503020738p:plain

山木利満(やまきとしみつ)さんは、小田急電鉄株式会社(以下「小田急電鉄」という)の取締役会長です。

 

2017年5月4日(木)に放送されるテレビ東京系トークドキュメンタリー番組『カンブリア宮殿』では、「GWスペシャル 激闘の箱根!日本一の温泉地を作り上げた“乗り物屋”の執念」というテーマで、小田急電鉄の山木利満会長が出演します。

小田急電鉄といえば、ロマンスカー、小田急百貨店などを運営する鉄道会社っていうイメージですが、一大観光地・箱根の開発にも取り組んできたようです。

 

そこで、この記事では、山木利満さんについて、

 

山木利満のプロフィール

 

結婚や家族は?

 

小田急電鉄の経歴は?

 

の話題をご紹介します。

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

 

山木利満のプロフィール

 

 

f:id:sinberu:20170503020802p:plain

出典:https://mainichi.jp/articles/20170114/ddl/k14/020/239000c

 

山木利満さんは、1947年5月3日生まれの現在69歳で、2017年5月3日で70歳になります。

 

東京都立大学法学部を卒業後の1970年に、小田急電鉄に入社しています。

 

山木利満さんは、広報課、秘書室などを経て、広報部長、総務部長、秘書室長、人事部長を歴任し、2001年には常務取締役に就任し、2003年には、専務取締役に就任、2005年に副社長、2011年に取締役社長、2017年4月に取締役会長に就任しています。

 

また、2004年には、箱根の観光事業を強化するために設立された「小田急箱根ホールディングス」の初代社長に就任しており、一大観光地・箱根を盛り上げた功労者として知られています。

 

また、山木利満さんの年収ですが、小田急電鉄の1人あたりの役員報酬を見てみると、2,950万円となっていますので、かなりの高額ですね。

 

 

結婚や家族は?

 

 

f:id:sinberu:20170503020830p:plain

出典:

http://www.excite.co.jp/News/release/20170131/Prtimes_2017-01-31-12974-203.html

 

山木利満さんは、小田急電鉄の取締役会長であるにもかかわらず、プライベートについては、ほとんど公表されていないようです。

 

結婚していて、子供が何人でといった家族の情報は、見当たらなかったです。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

小田急電鉄の経歴は?

 

 

f:id:sinberu:20170503020850p:plain

出典:

http://www.excite.co.jp/News/release/20170329/Prtimes_2017-03-29-12974-225.html

 

小田急電鉄は、もともと1923年に小田原急行鉄道株式会社として創立されましたが、戦争中だった1942年に、東京急行電鉄(大東急)に吸収合併されて、解散となりました。

 

しかし、戦後の1948年に東京急行電鉄から分離して、現在の小田急電鉄株式会社として、復活します。

 

この時、関係会社として、箱根登山鉄道が加わっています。

 

1949年には、東京証券取引所に上場しています。

 

1953年には、江ノ島鎌倉観光(現在の江ノ島電鉄)を傘下に加えています。

 

小田急電鉄は、本業の鉄道業の発展のため、一貫して、技術・サービスの向上に務めていますが、他にもさまざまな事業を行っています。

 

小田急電鉄が当初、力を入れていたのが不動産業で、小田急線沿線の開発として、住宅街の開発やレジャー施設の充実を図っていたようです。

 

その後、箱根の観光事業の強化にも務めています。

 

小田急電鉄の箱根の観光開発において、大きな転機となったのが、1960年の箱根ロープウェイの開通です。

 

この箱根ロープウェイが開通したことによって、小田急電鉄による箱根周遊ルート「箱根ゴールデンコース」が完成しました。

 

この「箱根ゴールデンコース」とは、小田急ロマンスカーに乗って、箱根に着いたら、箱根登山電車 → 箱根登山ケーブルカー → 箱根ロープウェイ → 箱根観光船 → 箱根登山バスに乗り継いで、箱根を観光するというコースです。

 

近年、小田急電鉄にとって最大の課題となっているのが、「複々線化事業の推進」です。

 

「複々線化」とは、「上下線を各2本ずつ計4本の線路にする」ことで、「複々線化」することによって、朝のラッシュアワーの混雑緩和が可能になるということです。

 

また、不動産業においては、ホテル事業が重要な柱となっており、観光事業の要となっているようです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では、山木利満さんの

 

山木利満のプロフィール

 

結婚や家族は?

 

小田急電鉄の経歴は?

 

についての話題をご紹介しました。

 

ロマンスカーって、すごく良いイメージがあり、快適な旅ができそうですよね。

 

1度は乗ってみたい、もしくは、何回も乗っているという方もいますよね。

 

次回の『カンブリア宮殿』において、小田急電鉄の箱根に懸ける思いを、山木利満会長が語ってくれると思いますので、より一層、箱根に行きたいと思う方が続出するかもしれませんね。

 

山木利満さんの今後益々のご活躍を期待しています。

 

 

 

スポンサードリンク