プラス1ねた

日本を支える企業の社長や職人をメインに紹介!

藤井聡太(天才プロ棋士)の年収や経歴は?中学はどこ?苦手な科目が意外?

 

f:id:sinberu:20170620154416p:plain

今、14歳の天才プロ棋士・藤井聡太さんに、大きな注目が集まっています。

 

2016年10月に史上最年少プロ棋士になると、プロデビュー以降、現在28連勝中という快進撃を続けています。

 

そんな藤井聡太さんの名が、一躍有名になったのは、2017年4月23日にインターネットテレビ局「AbemaTV」で放送された羽生善治3冠との対局で、非公式戦ながら、勝ったことでした。

 

このニュースを聞いた多くの人が、びっくりしたのではないでしょうか。

 

現役中学生が、あの羽生善治3冠に勝利したのですから。

 

そこで、この記事では、藤井聡太さんについて、

 

藤井聡太のプロフィール

 

藤井聡太の年収は?

 

苦手な科目はあるの?

 

の話題をご紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

藤井聡太のプロフィール

 

 

f:id:sinberu:20170620154459p:plain

出典:http://bunshun.jp/articles/-/2105

 

藤井聡太さんは、2002年7月19日生まれの現在14歳で、愛知県瀬戸市出身、名古屋大学教育学部附属中学校在学中の中学3年生の天才プロ棋士です。

 

藤井聡太さんが、将棋を始めたのは、5歳のときで、祖母に将棋を教わったことがきっかけでした。

 

それから、数か月後、将棋教室に通い始めたのだそうです。

 

藤井聡太さんは、小学1年生だった2010年3月に、東海研修会(日本将棋連盟のプロ棋士養成機関である、奨励会の下部組織)に「アマ初段」で入会しています。

 

その後、小学3年生だった2011年に、杉本昌隆七段に師事し、小学4年生の2012年9月に、関西奨励会に6級で入会しています。

 

藤井聡太さんが、現在の強さの片鱗を見せていたのが、詰将棋です。

 

藤井聡太さんは、5歳の時、将棋を始めた直後から、詰将棋に夢中になり、詰将棋の解答だけでなく、詰将棋の創作にも取り組みました。

 

その成果を発揮したのが、詰将棋解答選手権で、藤井聡太さんは、小学2年生だった2011年の第8回大会に初出場しています。

 

5回目に出場した2015年の第12回大会において、当時、奨励会二段だった藤井聡太さんは、史上最年少の12歳・小学6年生で優勝を成し遂げると、その後、3連覇を達成しています。

 

そんな藤井聡太さんは、2016年4月から行われた第59回奨励会三段リーグ戦で1位となり、同年10月1日にプロ棋士(四段)となりました。

 

こうして、藤井聡太さんは、14歳2か月でプロ棋士になりましたが、この記録は、加藤一二三九段の14歳7か月というこれまでの記録を5か月更新し、最年少記録となりました。

 

更に、中学生でプロ棋士になったのは、史上5人目の快挙となり、21世紀生まれ初のプロ棋士となりました。

 

スポンサードリンク
 

 

藤井聡太の年収は?

 

 

f:id:sinberu:20170620154540p:plain

出典:https://book.mynavi.jp/shogi/detail/id=66116

 

藤井聡太さんは、四段に昇格し、プロ棋士になりましたから、当然収入が発生しています。

 

では、藤井聡太さんは、どのくらいの年収をもらっているのでしょうか。

 

まず、一般的なプロ棋士の収入ですが、日本将棋連盟から支給される基本給があり、ランクによって、15万~50万が支給されるそうです。

 

その他に、講演会や指導料がありますが、プロ棋士の年収に大きな影響を与えるのは、対局による賞金です。

 

例えば、名人戦の場合、対局料と賞金を合わせて、2,300万円ほどの収入になります。

 

ちょっと古いデータになるのですが、日本将棋連盟によると、2011年度のプロ棋士の年収のトップは、羽生善治二冠で、9,886万円となっています。

 

プロ棋士の平均年収は、700~800万程度といわれており、最低でも400万くらいの年収になるということです。

 

以上のことから、藤井聡太さんは、まだデビューして間もないことから、400~500万程度になるのではないでしょうか。

 

 

苦手な科目はあるの?

 

 

f:id:sinberu:20170620154604p:plain

出典:https://book.mynavi.jp/shogi/list/?topics_keyword=%E3%80%90%E8%87%AA%E6%88%A6%E8%A8%98%E3%80%91%E5%9B%9B%E6%AE%B5%E3%80%80%E8%97%A4%E4%BA%95%E8%81%A1%E5%A4%AA

 

藤井聡太さんは、現在、14歳の中学3年生ですが、学校の成績はどうなんでしょうか。

 

史上最年少でプロ棋士になったくらいですから、秀才のイメージがありますよね。

 

母・裕子さんによると、普通に良いくらいで、すごく良いわけではないということです。

 

そんな藤井聡太さんの苦手の科目は、「美術」「音楽」だそうです。

 

どうやら、藤井聡太さんは、芸術系科目が苦手のようです。

 

その理由は、明確な答えがないからだそうです。

 

一方、得意科目は、「算数」「体育」で、「算数」は、明確な答えがあるからで、そういう意味では、将棋に通じるものがありますよね。

 

意外だったのは、「体育」で、藤井聡太さんに運動ができるイメージがないのですが、陸上競技系の種目が得意なんだそうです。

 

ただ、球技は苦手だそうです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では、藤井聡太さんの

 

藤井聡太のプロフィール

 

藤井聡太の年収は?

 

苦手な科目はあるの?

 

についての話題をご紹介しました。

 

藤井聡太さんは、その将棋の強さとは裏腹に、まだあどけない中学3年生です。

 

こんなにあどけない少年が、いかにプロ棋士になって、どんな人物なのかをご紹介させていただきました。

 

将棋には興味がなかったという方も、藤井聡太さんの出現で、興味を持ったという方も多いのではないでしょうか。

 

現在28連勝中ですし、羽生善治3冠を破ったわけですから、これからの成長が本当に楽しみです。

 

藤井聡太さんの今後更なる飛躍を楽しみにしています。

 

スポンサードリンク