プラス1ねた

日本を支える企業の社長や職人をメインに紹介!

澤田道隆(花王社長)の学歴や経歴は?主力商品やwiki風プロフを紹介!

 

 

f:id:sinberu:20170816161058p:plain

2017年8月17日(木)22時から放送されるトークドキュメンタリー番組『カンブリア宮殿』では、花王社長・澤田道隆(さわだみちたか)さんが出演されます。

 

花王といえば、昔からよく知られている会社ですが、今もなお売上を伸ばし続けており、澤田道隆社長の下でも好調を維持しています。

 

『カンブリア宮殿』では、そんな花王がどのように多くの人に愛される商品を生み出し、改良しているのかに迫っている内容のようです。

 

そこで、この記事では、澤田道隆さんについて、

 

澤田道隆のプロフィール

 

経歴や年収は?

 

花王の売り上げランキングは?

 

の話題をご紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

澤田道隆のプロフィール

 

 

f:id:sinberu:20170816161253p:plain

出典:http://apic2017.jp/jpn/speakers.html

 

澤田道隆さんは、1955年生まれの現在61歳で、大阪府出身、桃山学院高校を卒業し、大阪大学工学部、大阪大学大学院工学研究科プロセス工学専攻修士課程修了後の1981年、花王石鹸株式会社(後に花王株式会社に社名変更)に入社しており、現在は花王株式会社の社長を務めています。

 

澤田道隆さんが2012年に社長に就任して以来、花王株式会社の業績は好調に推移しています。

 

澤田道隆社長は長年研究開発畑を歩いてきただけに、会社の業績好調の要因として、地道な研究開発を挙げています。

 

澤田道隆社長によると、花王株式会社の研究員は全従業員数の約3分の1を占めており、売上高に占める研究開発費の割合は競合他社に比べ、高くなっています。

 

したがって、研究開発に力を入れることによって、継続的に商品改良を図っていることから、売上も好調であるというのです。

 

スポンサードリンク
 

 

経歴は?

 

 

f:id:sinberu:20170816161320p:plain

出典:http://www.saiwaishobo.co.jp/yushi/?time=20120410081125JST&&cate%5B%5D=0

 

澤田道隆さんは、花王株式会社に入社以来、ずっと研究開発部門で勤務しており、素材開発研究所室長に就任すると、2003年サニタリー研究所長、2006年研究開発部門副統括・執行役員、2007年ヒューマンヘルスケア研究センター長、2008年取締役執行役員を歴任し、2012年から社長(代表取締役 社長執行役員)に就任して、現在に至っています。

 

澤田道隆さんにはサニタリー研究所長時代に、売上不振に陥っていた花王の主力商品・幼児用紙おむつ「メリーズ」のテコ入れを図り、売上を回復させた実績があります。

 

この実績を評価されたことが、澤田道隆さんが花王の社長に指名された大きな要因であると思われます。

 

年収はどの位?

 

花王株式会社は、2016年の売上高が1兆4,576億円、営業利益が1,856億円を誇る大企業であり、そのため社長である澤田道隆さんの年収は1億5千万円を超えていると思われます。

 

 

花王の売り上げランキングは?

 

 

f:id:sinberu:20170816161357p:plain

出典:http://shaddy.jp/kaiki/ranking/

 

花王の売れ筋商品で、売上ランキング20位以内の商品は、清掃用品、化粧下地、洗濯用洗剤、幼児用紙おむつ、大人用紙おむつ、化粧水、トイレ用清掃用品、洗濯用漂白剤、日焼け止め・UVケア、お茶、パウダーファンデーションなどです。

 

有名な商品名で言うと、クイックルワイパー、ソフィーナプリマヴィスタ(化粧下地)、アタック、メリーズ、キュレル(化粧水)、トイレクイックル、ワイドハイター(洗濯用漂白剤)、ニベアサン プロテクトウォータージェル(日焼け止め・UVケア)、ヘルシア緑茶などです。

 

こう見ると、私たち日本人の日常生活には、花王の商品が溢れており、欠かせないものとなっていることがよくわかりますよね。

 

花王の商品には、安心感や信頼感がありますので、購入しやすいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では、澤田道隆さんの

 

澤田道隆のプロフィール

 

経歴や年収は?

 

花王の売り上げランキングは?

 

についての話題をご紹介しました。

 

花王は今年創立130周年を迎えていますが、地道な研究開発、特に基盤研究を続け、商品開発及び商品改良を行うことによって、今なお持続的な成長を続けています。

 

花王の場合は特に、既存の商品の改良に力を入れており、その結果、売上を維持又は伸ばしている印象が強いです。

 

花王ブランドは日本人(他に一部の欧米、アジアなど)なら誰もが知っているにもかかわらず、慢心せずに更なる不断の努力を続けることによって、成長を持続することができているのではないでしょうか。

 

花王社長・澤田道隆さんの今後益々のご活躍を期待しています。

 

スポンサードリンク