プラス1ねた

日本を支える企業の社長や職人をメインに紹介!

中垣内祐一(バレー監督)の若い頃がイケメン?事故や再婚の真相は?wiki風プロフを紹介!

 

f:id:sinberu:20170912015323p:plain

 

90年代に男子バレーのスーパーエースだった中垣内祐一さんですが、現在では日本代表の男子の監督にも就任されましたね。

 

私もテレビでバレー中継を見るのが大好きなんですが、90年年代の日本バレーといったら男子は中垣内祐一さんで、女子は大林素子さんの印象が私はとても強いですね。

 

今も男前な中垣内祐一さんですが、現役時代はアイドル顔負けのイケメンといった感じで人気沸騰な感じでしたが、現在は結婚しているのかや、あの事故についても調べて行きたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク
 

  

 

中垣内祐一のプロフィール


 

f:id:sinberu:20170912015359p:plain


http://room-303.net/wp-content/uploads/2016/10/ws00005-19.jpg

中垣内祐一さんは1967年11月2日生まれの49歳で、出身は福井県福井市で中学の時にバレーをはじめていて、高校は福井県立藤島高校を経て筑波大学に進学されていますね。

 

筑波大学1年生時には全日本男子に召集されていてワールドカップにも出場して活躍していますから、才能は当時から折り紙付きだったんでしょうね。

 

1990年には新日鐵に入部していますが、入部1年目からMVPをはじめ数々の賞を総なめにしていました。

 

1992年のバルセロナ五輪にも出場していて6位入賞という成績に貢献していますが、最近の男子バレーの成績と比べると、いかにすごい成績だったかは一目瞭然な感じですね。

 

その後2004年に現役を引退してからは、堺ブレイザースで監督を5シーズン勤めていて、2011年から2年間は全日本男子のコーチをしていて、2016年には全日本男子の代表監督に就任しています。

 

 

plus1neta.hatenablog.jp

 

 

 

再婚していた?

f:id:sinberu:20170912015428p:plain


 
https://www.jiji.com/news/handmade/special/feature/v4/photos/201707volleymen/201707volleymen-001_310.jpg

中垣内祐一さんは結婚されてるのか調べてみると、結婚していて子供もいましたが2014年に前妻と離婚しているので、今現在の奥さんはとは再婚ということになりますね。

 

バツイチということになる中垣内祐一さんですが、今の奥さんとは全日本男子のコーチをしていた2012年に、週刊紙に不倫現場をスクープされてしまっていますね。

 

この不倫報道を中垣内祐一さんは素直に認めていますが、ネット上では誠実な感じがしたとか真面目な性格っぽさが出ているといった声もありましたが、誠実で真面目な人が不倫しないでしょ!なんて思わずツッコミたくなりましたね(笑)

 

不倫報道が出た当時は既に前妻との夫婦関係は破綻していて、今の奥さんとは真剣に交際していたということですが、やはり婚姻関係にあるまま違う女性と交際するのは道理的におかしいと思いました。

 

しかし最近の芸能界は不倫報道ばかりですが、不倫がバレたら謝罪して謹慎すれば許されるみたいな風潮があるように感じますが、そろそろ不倫記事だけじゃなく別のまともな芸能人ニュースを報道してもらいたいものです。

 

スポンサードリンク
 

 

 

事故を起こしたってホント?

 

f:id:sinberu:20170912015449p:plain


中垣内祐一さんは2016年の11月に高速道路上で人身事故を起こしていますが、被害者の男性は頭にけがを負う重傷でした。

 

この頃すでに中垣内祐一さんは全日本男子の監督に内定していたので、テレビニュースでも報道されて大きなニュースになっていて、全日本男子の監督を辞退せざるを得ないとの報道もされていました。

 

しかし被害者とその家族からは、監督として頑張って欲しいと言われていて、この言葉が中垣内祐一さん自身が、全日本監督として働く大きな決心になったようですね。

 

今回の事故の処分は罰金70万円の略式命令でしたが、70万で済んでしまう訳ではなく今後の中垣内祐一さんの誠意が何よりも大切と言えますね。

 

ただ今回の事故が被害者は重傷でしたが、死亡事故まで至らなかったのは不幸中の幸いですし、もし死亡していたら全日本監督は辞退は決定的ですから、この被害者男性に対する償いの意味でも、全日本監督として全身全霊で挑んでもらいたいと思いました。

 

スポンサードリンク