プラス1ねた

日本を支える企業の社長や職人をメインに紹介!

則本昂大(楽天)が似ていると噂の人は?嫁や弟は?経歴や偉業を紹介!

 

f:id:sinberu:20170921184551p:plain

これまで数々の功績を残し、ついに野茂投手越えの偉業を達成しプロ野球の新記録を樹立した則本昂大選手。

 

今もっともメジャーが注目していると言っても過言ではないほどの選手と言っていいでしょう。

 

そこで、この記事では則本昂大選手について、

 

則本昂大のプロフィール

 

弟もドラフト氏名の可能性?

 

噂の似ている人物とは?

 

の話題をご紹介します。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

則本昂大選手のプロフィール

 

 

f:id:sinberu:20170921184635p:plain

参照元:http://www.japan-baseball.jp/jp/profile/201401013.html

 

名前:則本 昂大(のりもと たかひろ)

 

生年月日:1990年12月17日

 

年齢:26歳

 

出身地:滋賀県犬上郡多賀町

 

身長:178 cm

 

投球・打席:右投左打

 

ポジション:投手

 

プロ入り:2012年ドラフト2位

 

初出場:2013年3月29日

 

則本昂大選手と言えば、いま最も注目されている選手の一人ですね。

 

2リーグ制以降では初の「新人から4年連続開幕投手」であり、新人だった2013年シーズンにいくつものNPB記録を達成しました。

 

また、NPBにおける奪三振記録をいくつか持っており、連続試合2桁奪三振記録の保持者であり、パ・リーグにおいて3年連続最多奪三振(2014年 - 2016年)という記録を残している則本昂大選手。

 

則本昂大選手は、小学校時代から「多賀少年野球クラブ」に所属し、5年生からエースとして活躍していました。

 

三重中京大学進学後に1年秋からリーグ戦に出場。

 

2012年のドラフト会議では東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受けました。

 

同年11月に開催された明治神宮野球大会では惜しくも2回戦で法政大学に敗れるも、11月23日に楽天と契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約しました。

 

もしもドラフトでプロからの指名がなかった場合は日本生命に進む予定だったそうです。

 

則本昂大選手は楽天と3年間の複数契約を結ぶこととなったわけですが、それだけ凄い成績だしているということが分かりますよね。

 

7試合連続2ケタ奪三振記録をだして、伝説の野茂投手の記録を塗り替えました。

 

則本昂大選手は、登板試合121試合56勝41敗で勝ち数が上回っているそう。

 

そして、奪三振数がものすごいと言われていて4年目は200超え、トータルでは847奪三振を記録しているのです。

 

ちなみに、日本で最高奪三振数を出しているのが金田正一さんで「4490奪三振」だそうです。

 

いつか則本昂大選手がこの記録を塗り替える日も来るかも・・・?

 

そんな則本昂大選手はすでに結婚しており、そのお嫁さんの名前は藤本紋華(ふじもとあやか)さんというようです。

 

藤本さんというのは旧名なので、本名は則本紋華さんになっているのではないでしょうか。

 

気になるお嫁さんのお顔が気になるところですが、一般人女性ということでネット上には公開されていません。

 

しかし、奥さまはAKB48のメンバー倉持明日香さんに顔が似ている、スレンダーな美人さんだと言われています。

 

また、女優の柴崎コウさんにも似ていると言われているようで、則本昂大選手がイケメンなだけにやはり奥さまもお綺麗なんですね・・・!

 

2016年3月8日に女の子が生まれているようですが、子供の名前や顔なども公開されていません。

 

 

スポンサードリンク
 

 

弟もドラフト氏名の可能性?

 

 

f:id:sinberu:20170921184722p:plain

参照元:http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170511-OHT1T50107.html

 

則本昂大選手が話題を集めている一方で、則本選手の4歳年下の弟である佳樹さん(22)にも注目が集まっています。

 

名前:則本佳樹

 

生年月日:1994年5月14日

 

身長:174 cm

 

体重:73kg

 

出身:滋賀県犬上郡多賀町

 

血液型:A型

 

投打:右投左打

 

好きなタレントX JAPAN YOSHI

 

2017年の春に近畿大学を卒業した則本佳樹さん。

 

その後、島田市内の山岸運送に入社し、クラブチーム「山岸ロジスターズ」で投手を務めています。

 

最速で145キロという素晴らしい投球フォームは、則本昂大選手を感じさせるほどの見事なフォームです。

 

「兄と同時にプロに行くのが夢だった」、と語ったことがある佳樹さんは、本当は高校卒業時にドラフトで指名されることを目標としていたようです。

 

しかし、残念ながら佳樹さんは高校卒業当時にはまだプロのレベルには至っていませんでした。

 

また、近畿大学に入学しても怪我に悩まされ苦難続きだったため、プロ入りには至りませんでした。

 

大学を卒業しクラブチーム「山岸ロジスターズ」を選んだ佳樹さんですが、社会人選手がドラフトにかかることができるのは、大卒の場合2年後の2018年となるそうです。

 

なので、これから2年間ケガをせずに続けていくことが出きれば、佳樹さんを指名するチームがあるかもしれません・・・!

 

いつか則本昂大選手と同じプロ野球の世界で活躍しているところをみたいですね!

 

 

 

噂の似ている人物とは?

 

 

f:id:sinberu:20170921184749p:plain

参照元:http://news.livedoor.com/article/detail/12585123/

 

則本昂大選手がネット上である人物に似ていると話題になっています。

 

その人物とは、ニューヨークヤンキースの田中将大選手。

 

実は私も、初めて則本昂大選手を見たときに「田中将大選手・・・!?」と勘違いしてしまいました(笑)。

 

それほど似ている二人ですが、則本昂大選手は三重中京大時代からすでに田中将大選手に顔が似ていると言われていたようで、「マー君2世」と話題になったそうです。

 

普段のキリッとしたかっこいい表情はもちろん、笑った時の愛嬌のあるかわいらしい笑顔もそっくりですよね。

 

写真の二人を見比べてみても、やはり・・・似ています。そっくりです。

 

素晴らしい記録を残している二人がこんなに似ているなんて、何かの縁を感じてしまいますよね?(笑)

 

ちなみに、田中選手と則本選手はそっくりですが、親戚ではないようです(笑)。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では、則本昂大選手の

 

則本昂大のプロフィール

 

弟もドラフト氏名の可能性?

 

噂の似ている人物とは?

 

についての話題をご紹介しました。

 

日本記録を樹立しメジャーも目をつけていると言われている則本昂大選手。

 

また、弟の佳樹さんもドラフト指名の可能性が十分ありますから、プロで兄弟二人が活躍することも考えられますね。

 

これからの則本昂大選手にもますます注目していきたいです!

 

 

スポンサードリンク